XVI医療従事者におけるHIVの曝露対策

7.曝露後の抗HIV薬の予防内服期間

 曝露後予防の至適服用期間は不明である。米国公衆衛生局の職業上曝露マネージメントガイドライン6)および動物実験の結果からは4週間(28日間)のAZT(ZDV)投与が有効とされており、曝露者は4週間(28日間)の内服を継続する。

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント