VIウイルス学的抑制が長期に 安定して得られている患者での薬剤変更

7.治療変更に関する補足事項

(1)HBV感染

 B型肝炎を合併するHIV感染者の場合の抗HIV治療の変更は、初回治療と同様にHIVとHBV双方に抗ウイルス効果のあるテノホビル(TAFもしくはTDF)と、FTCもしくは3TCを含めた組み合わせが原則である(AII)。そのため、B型肝炎を合併する患者(HBs抗原もしくは血中HBV DNA陽性)ではDTG/RPVやDTG/3TC、DRV+rtv+RALなどの2剤療法は使用すべきではない。TAFとTDFの使い分けに関しては第V章を参照。HIV/HBV共感染者での抗HIV療法に関しては第XII章を参照。キードラッグ2剤による2剤療法は抗HBV活性に欠け、B型肝炎感染の予防効果がない35)。これらの組み合わせに変更する場合は、変更前にB型肝炎の抗体価(HBs抗体とHBc抗体)を確認し、B型急性肝炎のリスクの評価を行い、必要に応じてB型肝炎ワクチンを接種する。

(2)1クラス以上の薬剤耐性を保有する場合やウイルス学的治療失敗歴がある場合

 薬剤耐性変異を保有する症例やウイルス学的治療失敗歴がある症例では、治療変更後に治療失敗となるリスクが高くなることがある9)。最近の多くの薬剤変更に関する第III相臨床試験では、このような症例は除外されている。ジェネティックバリアの高いキードラッグを使用した時にNRTIの薬剤耐性変異の保有を許容したスイッチ試験の報告も存在するが36, 37)このような症例での薬剤変更は慎重に判断し、経験のある専門家に相談することも検討すべきである(BIII))。

(3)ウイルス学的抑制の期間

 治療薬変更前のウイルス学的抑制の期間は3~6ヶ月以上とされているが、第III相臨床試験に組み込まれた症例ではより長期の治療が行われていた。例えば、BIC/TAF/FTCを被験薬とした1844試験では切り替え前の抗HIV薬が約1.1年、1878試験では約5.5年投与されていた5, 7)

 ウイルス学的抑制の期間が6ヶ月で十分なのかというクリニカルクエスチョンが存在するが、国内で承認済みの抗HIV薬を被験薬とした第III相臨床試験のうち、切り替え前の抗HIV療法の期間を厳密に規定した試験の報告はない。

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント