VIウイルス学的抑制が長期に 安定して得られている患者での薬剤変更

2.「ウイルス学的抑制が長期に安定して得られている患者」の定義

 本ガイドラインでは「ウイルス学的抑制が長期に安定して得られている患者」は、「血中HIV RNA量が50コピー/mL未満で6ヶ月以上に渡って持続している患者」と定義する。薬剤変更の主たる対象は、DTG/ABC/3TC・EVG/cobi/TAF/FTC・RPV/TAF/FTCの添付文書の記載のように、ウイルス学的失敗の経験がなく、切り替え前6ヵ月間以上においてウイルス学的抑制(血中HIV RNA量が50コピー/mL未満)が得られており、有効成分に対する耐性関連変異を持たず、切り替えが適切であると判断される患者である。変更前の患者背景や、変更する新規組み合わせによっては、BIC/TAF/FTCへの変更のように短期間(3ヶ月以上)のウイルス学的抑制で変更できることもある。

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント