< Indexに戻る

第7回 HIV感染症と精神医療に関する研修会(平成25年3月3日開催)報告

日時
講習時の写真
2013年3月3日(日) 13:00~16:30
場所
飯田橋レインボービル・家の光会館 1階会議
目的
  1. HIV感染症の病態や治療について理解を深めること
  2. HIV感染症の精神医学的問題について理解を深めること
  3. 精神科医療とHIV医療の連携に関する課題を明確化し、各地域における円滑な連携を促進すること
対象
  1. 精神科医療に携わる医師およびコメディカル
  2. HIV感染症医療に携わる医師およびコメディカル
プログラム
12:45~ 受付
13:00~ 開会の挨拶
大阪医療センター 精神科 廣常秀人(所用により欠席)
13:05~ 講義
HIV感染症患者の精神科診療の現状と課題(15分)
 大阪医療センター 精神科 廣常秀人(所用により欠席)
HIV感染症の基礎知識(50分)
 がん・感染症センター都立駒込病院 感染症科 味澤篤
質疑応答(5分)
14:15~ 休憩
14:25~ 講義
HIV感染症と精神疾患(50分)
 しらかば診療所 精神科 平田俊明
質疑応答(5分)
薬物依存の理解と援助(50分)
 国立精神神経医療研究センター 松本俊彦
質疑応答(5分)
総合討論(10分)
16:25~ 閉会の挨拶
 大阪医療センター 精神科 廣常秀人(所用により欠席)
参加者職種
職種 参加人数
精神科・神経科・心療内科医師 9名
医師 2名
看護師 10名
保健師 4名
心理職 12名
薬剤師 8名
行政職(SW) 1名
MSW 2名
PSW 1名
その他 1名
合計 50名

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント