重大な副作用の解説

-自覚症状から探る薬の副作用-
高橋隆一著(第一メディカル)より引用

血小板減少

同義語
血小板減少性紫斑病
定義
血小板数が10万/μL未満に減少した状態
自覚症状
あざ(紫斑)、鼻出血、歯肉出血、不正性器出血、月経出血の増加、血便、重症になると大量の消化管出血、脳出血
他覚症状
紫斑とは、直径1m前後の出血点と直径3~5cmの出血斑が混在して認められる。鼻出血、歯肉出血
検査所見
血小板の減少。骨髄の巨核球(血小板の母細胞)の増加は、血小板の破壊亢進を、減少は血小板の産生低下を示す。