厚生労働行政推進調査事業費補助金(エイズ対策政策研究事業)
HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究班

ストックリン錠600mgの薬カード

Google

WWW を検索 おくすりガイド内を検索

ホーム > おくすりガイド > ストックリン錠200mg/600mg

この薬は

ストックリン錠 600mg
(一般名:エファビレンツ、EFV)です

ストックリン錠 600mgのイラスト

黄色の錠剤です

識別のためのコードは
225です

この薬の作用(ききめ)は

ウイルスの逆転写酵素を阻害して増殖をおさえます

この薬の飲み方は

1回1錠、1日1回
食事の影響はありません

使い方の注意

  • 自動車の運転や機械の操作等には、十分ご注意下さい。
  • 高脂肪食(1070Kcal、脂肪82g、カロリーの69%が脂肪由来)摂取後の服薬で吸収が上昇したとの報告があります。ご注意下さい。

副作用について

(1)次の症状に気づいたら、のむのを止めてすぐに主治医か薬剤師に連絡して下さい

  • 発疹、皮膚が焼けるように熱い、皮膚が痛い、唇や口の中がただれる
  • 食欲がない、吐き気がする、皮膚や白目が黄色くなる

(2)次の症状がひどかったり、長く続く時は、なるべく早めに主治医に連絡して下さい

  • 頭が痛い、かぜの様な症状があらわれる、体が痛い、下痢、胸やけ、胃のもたれ
  • めまい、ふらつき、眠れない、集中できない、疲れやすい、現実感のある夢を見る
  • 発しん(服用開始7~13日後特に注意)
  • 乳房のしこり、痛み、はれ

(3)他にも何か変だなと感じたら、すぐに主治医か薬剤師に相談して下さい

伝え忘れたことはありませんか

(次のことに心あたりのある方は、主治医にその旨を伝えて下さい)

  • 肝臓の病気のある方、あるいはその経験のある方。
  • B型肝炎、C型肝炎の経験のある方、あるいはその疑いのある方。

その他の注意

併用を避けるクスリ

  • トリアゾラム:ハルシオン
  • メシル酸ジヒドロエルゴタミン:ジヒテルゴット
  • 酒石酸エルゴタミン:クリアミン
  • ミダゾラム:ドルミカム
  • マレイン酸メチルエルゴメトリン:メテルギン
  • マレイン酸エルゴメトリン:エルゴメトリン
  • ボリコナゾール:ブイフェンド

併用に注意するクスリ

  • リファンピシン:リファジン
  • リファブチン:ミコブティン
  • クラリスロマイシン:クラリス、クラリシッド
  • シンバスタチン:リポバス等
  • アトルバスタチン:リピトール
  • プラバスタチン:メバロチン等
  • カルバマゼピン:テグレトール等
  • イトラコナゾール:イトリゾール等
  • ジルチアゼム:ヘルベッサー等
  • プロテアーゼ阻害剤
  • マラビロク:シーエルセントリ
  • 経口避妊薬
  • セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

上記の薬剤以外に、肝代謝酵素(P-450)によって代謝される薬剤との間で、相互作用のおこる可能性があります。詳しくは医師・薬剤師にご相談下さい。

この薬の価格は

1錠:¥1,863.7 30日分:¥55,911

ストックリン

2012.1作成
連絡先 〒540-0006 大阪市中央区法円坂 2-1-14 大阪医療センター 薬剤科 TEL 06-6942-1331 内線2122

おくすりガイド

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント