用法・用量

承認を受けた用法及び用量が記載する。

ー医療用医薬品添付文書の用語と解説ー
(じほう社)より引用

コメント

治験で有効性が認められた用法・用量が記載されています。
抗HIV薬の場合、多くの薬剤は国内での治験が行われていませんので、海外で認められた用法・用量がそのまま使われています。
海外で新しい使い方が認められても、まず日本で販売している企業が厚生労働省に申請し、そして認められなければ、原則として、保険診療では使用出来ません。