妊婦、産婦、授乳婦への投与

効能・効果、用法・用量、剤形等から妊婦、産婦、授乳婦等に用いられる可能性があって、他の患者と比べて特に注意する必要がある場合や、適正使用に関する情報がある場合に必要な注意を記載する。
また、動物実験、臨床使用経験、疫学的調査等で得られている情報に基づき、必要な情報を記載する。

ー医療用医薬品添付文書の用語と解説ー
(じほう社)より引用

コメント

各薬剤の妊婦に対する抗HIV薬の安全性については、アメリカのガイドラインに、より詳しい危険度が掲載されています。
(表1)をご参照下さい。