< 臨床試験一覧

HPTN052臨床試験

HPTN052試験のデザイン(ランダム化比較試験)

一方がHIV陽性の1763組。CD4数 350-550/μLのHIV感染者。早期治療群:ランダマイズ後、すぐに治療開始。治療待機群:CD4数が2回連続して250/μL以下、またはAIDS指標疾患の発症まで治療を遅らせる

評価項目

主要予防評価項目

  • HIV陰性パートナーへのHIV感染

主要臨床評価項目 (HIV感染者が対象)

  • 次の臨床的イベントのいずれかの発生;
    肺結核、重篤な細菌感染症、WHOのstage 4の事象、死亡

結果(1)

観察期間中に、39例のHIV伝播が生じた(1.2/100人・年)。
(median follow-up 1.7年)

そのうち、ウイルス学的解析によってHIV陽性パートナーからの感染と確認されたのは28例。早期治療群:1例。治療待機群:27例

⇒ ハザード比 0.04 (P<0.001)

結果(2)

HIV感染者における臨床的イベントの発生総数は105例。早期治療群:40例。治療待機群:65例

⇒ ハザード比 0.59 (P=0.01)

HPTN052試験 サマリー

早期の抗HIV治療の開始がHIVの伝播を96%減少させた。これは、持続的なHIVの抑制がHIV伝播の予防に極めて有効な手段であることを示している。

(Cohen et al. N Engl J Med 2011;365:493-505.)

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント