< 臨床試験一覧

GS104, GS111臨床試験

2017.9.1公開

GS104, GS111試験(北米、ヨーロッパ、オーストラリア、日本、タイ)(Phase Ⅲ、無作為化、二重盲検試験)

Phase Ⅲ、無作為化、二重盲検試験

主要評価項目:HIV-RNA量 50 コピー/mL未満の達成率

HIV-RNA量 50 コピー/mL未満の達成率 Treatment Difference(95% CI)

骨密度

腰椎

腰椎

大腿骨

大腿骨

腎機能 (eGFR)

腎機能 (eGFR)

脂質

脂質

サマリー(Single tablet regimenとしての比較試験)

ウイルス抑制効果について、EVG/cobi/FTC/TAF 群は EVG/cobi/FTC/TDF群に対し96週まで非劣性であった。144週ではTAF群の方が優れていた。
骨密度の減少程度はTAF群の方が少なく、eGFRに及ぼす影響もTAF群の方が良いことが示された。

脂質に関してはTAF群の方がより上昇しており、TFVの有する脂質上昇抑制作用が要因の一つと考えられている。

Sax P, et al. Lancet 2015;385: 2606-2615
Wohl D, et al. JAIDS 2016;72: 58-64
Arribas J, et al. J AIDS 2017; 75, 211- 218

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント