< 臨床試験一覧

D:A:D試験

抗HIV薬と心筋梗塞のリスク評価

D:A:D(The Data Collection on Adverse Events of Anti-HIV Drugs)試験(ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアの計212施設による国際共同コホート)を用いて、抗HIV薬と心筋梗塞の関係を調査した。

評価項目:心筋梗塞(MI: Myocardial Infarction)の発生

観察期間の終了は、以下のうちもっとも早いもの。

心筋梗塞の発症、死亡、患者の最終受診日から6ヶ月後、2008年2月1日

結果(1)

33,308人を対象に、計178,835人/年 観察したところ、580人が心筋梗塞を発症した(1,000人/年 あたりの発症件数は3.2)。

結果(2)

PI4剤とNNRTI2剤の使用と心筋梗塞発生率の関係(1,000人/年あたり)

結果(3)

NRTI7剤の使用と心筋梗塞発生率の関係(1,000人/年あたり)

結果(4)

  心筋梗塞の相対危険度(95% CI)
ABC
最近の使用
ABC
累積使用
ddI
最近の使用
IDV
累積使用
LPV/r
累積使用
  1.70
(1.17-2.47)
1.07
(1.00-1.14)
1.41
(1.09-1.82)
1.12
(1.07-1.18)
1.13
(1.05-1.21)
下記の項目で調整後          
直前の総コレステロール、
HDL-C、TG
1.73
(1.33-2.24)
1.07
(1.00-1.14)
1.30
(0.97-1.74)
1.08
(1.02-1.14)
1.09
(1.01-1.17)
直前の血糖値 1.69
(1.34-2.14)
1.07
(1.00-1.14)
1.41
(1.09-1.81)
1.12
(1.06-1.18)
1.13
(1.05-1.21)
リポハイパートロフィと
(または)リポアトロフィの存在
1.70
(1.35-2.15)
1.07
(1.00-1.14)
1.41
(1.09-1.82)
1.12
(1.07-1.18)
1.13
(1.05-1.21)
直前の収縮期血圧と
(または)拡張期血圧
1.71
(1.32-2.22)
1.07
(1.00-1.14)
1.30
(0.98-1.73)
1.10
(1.04-1.16)
1.13
(1.05-1.21)
糖尿病の存在 1.69
(1.34-2.14)
1.07
(1.00-1.14)
1.39
(1.08-1.80)
1.12
(1.06-1.18)
1.13
(1.05-1.21)

サマリー

HIV感染者33,308人のコホート調査で、178,835人/年観察したところ、580人が心筋梗塞を発症した(1,000人/年あたりの発症件数は3.2)。

下記の抗HIV薬13剤の中で、心筋梗塞の発症増加と有意に関係していたのは、IDV、LPV/r、ddI、ABCであった。

〈解析対象の13剤〉

NRTI 7剤;
AZT、d4T、ddI、ddC、3TC、ABC、TDF
PI 4剤;
IDV、NFV、LPV/r、SQV
NNRTI 2剤;
EFV、NVP

Worm SW, et al. JID 2010; 201: 318-330

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント