厚生労働行政推進調査事業費補助金(エイズ対策政策研究事業)
HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究班

CCR5阻害薬

メインメニュー

サブメニュー

CCR5阻害薬

HIVがCD4陽性リンパ球細胞に侵入する際に、CD4陽性リンパ球細胞の2つの受容体と結合します。
まずCD4という第1の受容体と結合し、次に、CCR5あるいはCXCR4という第2の受容体と結合します。これらはHIVの表面の分子と、鍵と鍵穴の関係にありますから、CCR5阻害薬が、HIVとCCR5受容体との結合を邪魔すると、HIVがCD4陽性リンパ球細胞に接着して侵入することができなくなります。

しかし、CCR5阻害薬が効くのはCCR5受容体だけを持つCD4陽性リンパ球細胞です。
第2の受容体がCCR5だけではなくて、CXCR4もあるとCCR5阻害薬は効きません。そのため、この薬を使う前に、CD4陽性リンパ球細胞表面の第2の受容体がCCR5だけか、CXCR4も混ざっているかを確認する検査(トロピズム検査)が行われます。

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント