厚生労働行政推進調査事業費補助金(エイズ対策政策研究事業)
HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究班

CD4陽性リンパ球細胞の数

メインメニュー

サブメニュー

CD4陽性リンパ球細胞の数

CD4陽性リンパ球細胞は、1立方ミリメートルの血液の中に通常800個から1,000個あって、例えば「500/μL」と表します。

CD4陽性リンパ球細胞がHIV感染によって少なくなってくると、感染症に対して防御が甘くなるので、色々な感染症にかかりやすくなります。

イラスト1:1片1mmの立方体の中にCD4陽性リンパ球細胞が800~1000個ある図

ですからCD4陽性リンパ球細胞の数によって、感染症の予防が重要になってきます。例えばニューモシスチス肺炎の予防は、CD4陽性リンパ球細胞数が200/μL以下になったら行うことが必要とされています。

サイトメガロウイルス網膜炎では、早期発見できるかどうかがカギとなります。CD4陽性リンパ球細胞数が50/μL以下になったら、眼科での定期的なチェックが必要とされています。

イラスト2:折れ線グラフ。縦軸がCD4陽性リンパ球細胞数、横軸が時間。CD4陽性リンパ球細胞数200位置がニューモシスチス肺炎の予防開始点。CD4陽性リンパ球細胞数50の位置がサイトメガロウイルス網膜炎の予防開始点。

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント