厚生労働行政推進調査事業費補助金(エイズ対策政策研究事業)
HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究班

どのように免疫システムは働くか

どのように免疫システムは働くか

免疫システムの中では、血液の中の白血球が巧妙に働きます。

イラスト1:好中球、マクロファージ、T細胞、B細胞

まず第1段階として、真っ先に病原体を食べて応戦する好中球があります。防衛軍の歩兵的な役割を果たします。

イラスト2:好中球が病原体を攻撃

次にマクロファージと呼ばれる細胞が病原体を手当り次第に食べて、その病原体の情報を免疫システムの司令官ともいえるT細胞(CD4陽性リンパ球細胞)に伝えます。

T細胞は、システムの司令官としてさまざまな指令を出します。例えばT細胞から指令を受けたB細胞は、病原体を攻撃するミサイルを作り出します。

イラスト3:病原体を食べたマクロファージがT細胞に病原体の情報を送り、T細胞はB細胞に攻撃指令を送っている様子

攻撃指令を受けたB細胞は盛んにミサイルを作り出し、病原体を攻撃します。このミサイルが抗体と呼ばれるものです。抗体は特定の病原体にしか有効ではありません。

このようにそれぞれ異なる役割を持った白血球が、すばらしいチームプレイを行って免疫システムを成り立たせているのです。

実際にはもっと複雑な免疫システムのネットワークがあり、病原体との戦いが繰り広げられています。

イラスト4:B細胞が病原体にミサイル(抗体)を撃っている様

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント