病気から体を守る免疫

メインメニュー

サブメニュー

病気から体を守る免疫

私たちヒトの体は、普段いろいろな病気の原因になるようなもの、例えば細菌やカビ、ウイルスなどに囲まれていて、いつ病気になってもおかしくない環境で生活しています。

このような環境の中でも簡単に病気にならないのは、皮膚や粘膜上の体液などがバリアとなっていたり、有害な微生物などが体に侵入してきても、それを排除して体を守る働きがあるからです。

イラスト1:健康な人が外敵(細菌やカビ、ウイルスなど)を跳ね返している様子

病原体を排除する、いわば体の中の防衛軍としての働きを、免疫と呼んでいます。

イラスト2:T4細胞の指令によってB細胞が、病原体の侵入を阻止している様。

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント