厚生労働行政推進調査事業費補助金(エイズ対策政策研究事業)
HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究班

今は症状がありませんが?

メインメニュー

サブメニュー

今は症状がありませんが?

HIVに感染しても、ある程度まで免疫力が下がらないと、症状が出てくることはありません。

症状が無くても、HIVが体の中で「おとなしくしている」というわけではありません。体の中では、防御システムが必死に戦っているのです。その戦いが何年も続くと、防御システムが疲れ始め、だんだんとその免疫力が弱くなってしまうのです。

イラスト1:B細胞、T細胞がHIVと戦っている様子

免疫力を保つためには、薬をきちんと飲んでウイルスの増殖を抑えることが大切です。

イラスト2:グラフ:縦軸=薬剤血中濃度、横軸:時間経過。薬を飲むと結う高濃度が上昇するが、飲み忘れをすると耐性ウイルスが出現する

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント